雑感_20140723

今週はやることが多い。

月曜日が休みだったので曜日感覚がおかしいけど、曜日感覚がまったくなかった1年前よりは成長している。なんて言ってみたり。

なんだか色んな方向から仕事が降ってくるんだけど、うまくやれているのか分からない。

もっと効率的にやりたい。

ていうか、会社での仕事内容ってどの程度の範囲でネットに書けるものなのか分からないなあ。

サハラ砂漠(モロッコ)

サハラ砂漠(モロッコ)

3連休明けて

3連休明けて、仕事が溜まっている。最近はもっぱら目の前の仕事を片付けていくだけで精一杯な感じである。たぶんそうやって時間に追われながら仕事は覚えていくもんなんじゃないかなって思う。

元々の予定だと、今週は今日だけ会社にいて、明日から秋田・青森と回る予定だったけど、今週の出張はなくなって、来週に青森だけの予定になった。東京での用事もそれに合わせるようにあるので東京から青森という予定になりそう。ちょうど金曜日に青森の予定なので、土曜日に東京に寄って遊びたい。うん。まあ、無理なんだろうけど。

そしてもしかすると、来週の前半には富山の可能性もあり、訳が分からない。これ、自分含めてみんな都市部に会社があったらもっと予定立てやすくて動きやすいんだろうなあ。くそー。

今週は、先週の出張でできた仕事と来週の仕事のなんだかんだで終わりそう。今日が月曜日のつもりでやってると終わらなさそうでござる。

ウユニ塩湖での夕日を見て感動したとき
Sunset at Salar de Uyuni, Bolivia. 

ウユニ塩湖での夕日を見て感動したとき

Sunset at Salar de Uyuni, Bolivia. 

07072014の週

水曜日から出張ということで金曜日まで。

まあ、なんというかとりあえず顔を出すことに意味があるようなことだったので。

具体的に何をしたかと言われれば商談をしたわけでもなくて、ただそこにいた、そんな感じ。これはこれで仕方ないことなんだろうけど。しかしそれだけのために行ったのではさすがによろしくないので、あかん。

次回はもっと担当も増えて、要領も分かってくると思うから、今回の反省をふまえた上で、もっとよくできると思う。

来週はなぜか一週間ずっと本社にいない。うーん、疲れそう。まあ、頑張るんだけど。

旅は消費

確かインドの最南端カニャークマリへ行ったときのこと。

インドの最南端で夕日を眺めていたら突然「こんにちは」って日本語で日本人に話しかけられて「あ、どうも」みたいな感じになって話していたことがあった。

その人が言っていたことが忘れられなくて、今日もまた思い出していた。

「旅って結局、消費活動なんですよねー」

そうなんだよなあ。基本的にただ単に旅をしているだけっていうのは消費活動。お金が減っていくのみ。旅という体験を消費している。それだけのこと。

もちろん人それぞれ旅の目的は違うから「旅はこうあるべき」というのは間違っているとは思う。

でも僕は旅というものが消費よりも投資であったり、生産であったり、そういう活動であるほうが良いのではないかと思う。もちろん、それは旅とう活動を思いっきり楽しんで消費した上にあるものだと思うのだけど。

そんなことを考えつつ、もうしばらく働いて充電してからまたバックパッカーしたいなあ、なんて考えたりしている今日この頃。

自由の女神

ナノブロックの自由の女神完成。(ナノブロックシリーズにいくら費やしたか分からない。)

ニューヨーク行ってみたいなあ。

雑感_20140609

世界一周に出て2年、帰国して1年経った。そんなくらいの時期。今。

この前は留学中に会った人たちと会って話してきた。一周中に会った人もそうだけど、留学中に会った人たちと話していると何が普通で何が正常なのか分からなくなる。やっぱりそんなものは、そんな人生はないのかもしれない。

昔思っていた普通の生き方とか、端から見て「正しい」と思える人生なんて所詮空想にすぎないのかもしれないと思う。

中学校の頃の友達もインドへ留学・インターンへ出かけてあわよくば海外で就職したいなんて言っているここ最近。かと思えば、四国の某町まで行って田舎で暮らす的なことをやりたいという友達がいたり。そしてシンガポールで億単位のお金と日々向き合って仕事をしている友達がいたり。

僕が旅に出る前から旅をしているのに、未だに海外を放浪している人もいる。

何がいいとか何が悪いとかじゃなくて、いかに自分が納得して満足できるか。人と比べるのもいいけど、あくまでも軸を自分に置いておかないといけないんじゃないかなあと思う、そんな今日この頃。

先週は展示会ということでいつもと違った感じ。ビッグサイト。

東京はやっぱりなんでもあるし、大きい街(というか都市)だなあと再確認。

市場を見ること

今の会社はメーカーという立ち位置だけど、作って売ってというからには市場をちゃんと見ないといけない。この辺はマーケティングの知識がいるのかなあなんて思ったり。実際の店舗の売り場を見て、どういった商品が求められているのか確認したり。

あとは、そこからどういう提案をするのかということを考えていくことなのかなあ。

ただ、正直もはや新しい機能のつけようがないような商品だったりするので、競合他社とは売り方とか提案内容とかそういうソフト面(?)で差別化していくのが方向としてはあっているんじゃなかいと思う。まあ僕が決めるようなことではないけど。たぶん間違ってはない。

あとは柄。デザインというよりは、柄。模様。

しかし、コンスタントにいろんなイベントあるから、未だに仕事に慣れない。。。

気づけば6月に

今週末は久しぶりに大学の時の友達に会ってきた。

シンガポールから一時帰国で日本に滞在する友達がいたので。やっぱり海外で働いている人の話は面白いなあ、なんて思いながら話をしてた。ロンドンから依頼が来て、インドに仕事を頼んで、ニューヨークにおはようって言ってるんだ、的な。

自分で選んで地元に帰っては来たけど、やっぱりそういう話を聞くとまた海外へ出たくなってしまう自分がいたりする。

同じ場所、特に田舎に留まっていてはダメだなあなんて心底思った次第。そういう意味では営業でいろんな場所に出ているっていうのはいいもんだとか思ったり。

ただ、やっぱり基本的に話している人とか関わっている人は固定されているわけだから、たまには昔の友達とかと話して、自分にとって新鮮で違った世界の情報に触れられる機会ってのは大切だと思う。

とりあえず、旅行でいいから海外行きたいなー。